FORCE

High Voltage = High Headroom = High Fidelity

アメリカのプレミアムなハイエンドスタジオギアメーカーManleyが送りだす新製品 "FORCE" は、アワード受賞の人気チャンネルストリップ、Manley COREのバキュームチューブマイクプリアンプを4チャンネル搭載した製品になります。美しい筐体にに収められたFORCEは、精巧なハンドメイドを効率的に行うことでマルチチャンネルのManleyハイボルテージバキュームチューブマイクプリアンプを低価格に実現しています。

主な特徴

A FORCE of Nature


FORCEの取り扱いは人間工学に基いて整えられた操作部によって快適に行うことができます - シルキーで堅牢なロータリーノブ、ラッチ式のスイッチ、便利な 1/4ジャック入力DI、オーディオレベル信号に瞬時に確認できる7ポイントのLEDレベルメーター、そして各チャンネル番号は削りだされたドットアクセントで判別できる様になっています。

外観の仕上げにもこだわったカリフォルニアで製造されるこのMade in USA のマイクプリアンプは、あなたのスタジオを誇らしく飾るに相応しいスタジオギアとなるでしょう。

A Sonic Tour de FORCE

MANLEY IRON®
マイク信号は、金メッキされたXLRコネクタから直接MANLEYのカスタム入力トランス”MANLEY IRON®”に送られます。ライン信号、またはギター、キーボードのインストルメントは1/4 HI-Zジャックから入力することができます。その場合、入力レベルコントロールが可変入力パッドとして機能します。位相反転と120HzハイパスフィルタはピュアクラスAによる12AX7デュアルトライオードアンプステージの回路の中に組み込まれています。各チャンネルのゲイン幅はフロントパネルスイッチで40dB、50dBを選択できるほか、内部ジャンパーで更に10dB持ち上げることができます。FORCEの出力段はトラックをドライブさせることができる自慢のディスクリート回路で構成されています。

A Powerful FORCE

パワーサプライには、世界的なエキスパートチームBruno Putzeysが、Manley Labs、ハイボルテージバキュームチューブ、そしてオーディオの為に専用に設計したイノベーティヴな技術が盛り込まれています。Manley CORE において既に実績のあるこのパワーサプライはバキュームチューブへ走る300ボルトのDCレール、電力を与える強靭な6ボルトヒーターライン、ファンタム電源の為の幾つかのボルテージ、そして様々なソリッドステートコントロールボルテージに適切に電源を供給します。皆さん、ハイボルテージ=ハイヘッドルームの音響特性はVPRアライアンス規格(api500シリーズ)では得ることは出来きないことを理解してください。これは特別なパワーサプライを専用設計することでのみ実現できるものなのです。すべての配線は低インピーダンス、効率性、静音性を保つように厳密に設計されています。電源入力はマルチボルテージに対応し、世界中を旅しながらどこでもFORCEのハイヘッドルームサウンドを得ることができます。

Each Channel Features:

・48V ファンタムパワースイッチ
・120Hz ハイパスフィルタースイッチ
・位相反転スイッチ
・入力アッテネーター(可変パッド)
・GAIN (LOW 、HIGH選択式)
・サイレント入力レベル・コントロール (可変入力パッド)
・7-セグメントLEDピークメーター
・1/4"ダイレクトインプット
※Manley COREと同様のオールディスクリートのソリッドステートサーキットで構成され、Manley SLAMとほぼ同様のDIになります。ギター、ベース、キーボードに最適な10MΩの入力インピーダンスになっています。

主な仕様

・バキュームチューブ 双三極管12AX7WA x4
・バランス入力トランスカップルXLRマイクロフォン入力インピーダンス: 1250 Ohms
・アンバランス 1/4" DIインピーダンス: 10 Meg Ohm
・最大マイク入力 (Low Gain 設定): -5 dBu or 435mV RMS @ 0.5% THD
・最大マイク入力 (High Gain 設定): -25 dBu or 44mV RMS @ 0.5% THD
・最大DI入力 (Low Gain 設定)): +24 dBu or 12V RMS @ 0.5% THD
・最大DI入力最大DI入力(High Gain 設定)): +17 dBu or 5.5V RMS @ 0.5% THD
・最大出力 (1kHz Sine, into 100 kOhm load, 0.1% THD+N: +35 dBu
・最大出力 (1kHz Sine, into 100 kOhm load, 0.1% THD+N: 43V RMS
・最大出力 (1kHz Sine, into 600 Ohms load, 0.1% THD+N): +22 dBm
・ハイカレントWFDRIVE バランス出力インピーダンス: 50 Ohms
・出力ヘッドルーム (referenced to +4 dBu): 31 dB
・ダイナミックレンジ: 118 dB @ LOW GAIN, 100 dB @ HI GAIN
・THD+N特性 (1Khz @ +4dBu BW 22Hz-22KHz): 0.004% Low Gain 設定時
・THD+N特性 (1Khz @ +4dBu BW 22Hz-22KHz): 0.04% at Hi Gain 設定時
・マイクプリ (Aウェイト): - 85dB @ LOW GAIN, -66dB @ HI GAIN
・SN値 (Ref. to +4dBu): 87dB @ LOW GAIN, 68dB @ HI GAIN
・EIN (22-22kHz BW, Aウェイト): -129dB with 150 Ohm ソースインピーダンス @ LO GAIN
・周波数特性: 20 Hz to 20 kHz -0.1dB, +0.3 dB
・マイクロフォン入力経由でのGAIN: 40 LOW 、 50dB HI GAIN (内部ジャンパ設定により60dBに対応)
・ライン入力経由でのGAIN: 20 、 30dB (内部ジャンパ設定により40dBに対応)
・低信号 緑LED (出力レベル): -22 dBu
・高信号 赤 LED (出力レベル): +24 dBu
・オートミュート時のワームアップ ディレイ: 30 秒
・消費電力: 36 ワット
・対応ボルテージ: 90 - 254 VAC (i内部ユニバーサルサプライ)
・主要ボルテージ周波数: 50~60Hz
・寸法筐体: 19" x 3 1/2" x 7" (2u専有)
・筐体重量t: 8.6 lbs.
・輸送重量: 11.8 lbs.

Back Panel

Tips 'n' Tricks!

入力レベルコントロールは入力パッドとして考えることができます。FORCEを使う際、まず入力レベルコントロールを最大にしたLOW GAIN設定から始めます。信号レベルが高すぎる場合、入力コントロール下げて行き、もし十分なゲインが無い場合にHIGH GAIN設定に移ってください。入力パッドを絞ったHIGH GAINの状態は最良のSN比を考慮するとできる限り避けたいことです。入力コントロールは可能な限り適切に扱いましょう。

Tracking Vocals & Drums with the Manley Force

サウンド&レコーディングマガジンHPにて掲載されました。

4チャンネル・チューブ・マイク・プリアンプMANLEY LAB Force受注開始

http://rittor-music.jp/products/2016/03/50229?ch=sound

ラインナップと価格

FORCE

実勢価格 310,000円(税別)
JAN:4530027253456

販売店を選ぶ

  • ロックオンカンパニー