FORCE はアメリカのハイエンドスタジオギアメーカーの最高峰のひとつである Manley Labs 社が送り出す4チャンネルの真空管マイクプリアンプです。
数々の賞を獲得し、高い人気を誇るチャンネルストリップ CORE® の回路テクノロジーを元に開発されたプリアンプを4基備える FORCE は、優美なシャーシに収められ、米カリフォルニアで職人の手作業によって精巧に組み立てられています。また、効率的な生産を行うことで、魅力的な価格も実現しています。

詳細

自然なFORCE

FORCE の操作子は人間工学に基づいてまとめられているため、快適に扱うことができます。堅牢に取り付けられたロータリーポットの動きは滑らかで、しっかりしたラッチ式のスイッチを装備し、1/4”標準ジャックのDI入力もフロントパネルに備え付けられています。チャンネルごとに用意された7ポイントのLEDメーターはCNCによって高精度に彫られたダブルインレイで強調され、見た目にも楽しく、信号レベルを的確に把握することができます。外観にもこだわったこの南カリフォルニアで製造されているプリアンプは、サウンドのグレードアップのみならずスタジオを誇らしく飾るに相応しいスタジオギアとなるでしょう。

ソニック ツール ド FORCE

マイクロフォンからの信号は金メッキされたXLR端子からダイレクトにマイク入力トランスフォーマーである MANLEY IRON® に送られます。ラインレベルの信号やギターやキーボードなどの楽器の信号は、フロントパネルの1/4” 10MΩ、Hi-Z(DI)入力を使用します。この場合、入力レベルコントロールは可変式の入力パッドとして適切なレベル設定に役立ちます。もちろん、位相反転スイッチと120Hzのハイパスフィルターも回路に組み込まれています - そして、12AX7の双三極のアンプ段はピュアクラスAで動作します。
各チャンネルのゲイン幅はフロントパネルのスイッチで40dB、50dBを選択できる他、内部ジャンパーでさらに10dBを稼ぐことも可能です。出力段においては、まるで「大型トラックを運転している」かのような余裕すら感じ取ることができるでしょう。

パワフル FORCE

革新的な電源部は、高電圧の真空管回路とオーディオの電源技術を牽引する Bruno Putzeys のエキスパートチームが Manley Labs のために特別に設計を行いました。すでに CORE でその実力を証明したこの電源部は真空管に300VDCの高電圧を供給し、強靭な6Vヒーターライン、そしてファンタム電源とソリッドステートコントロールボルテージ用のいくつかの電圧経路が備わっています。
余裕のあるヘッドルームに高い電圧は必須であり、これは音質全体の性能にも大きく関わります。低インピーダンス、高い効率性、高周波放出を抑え静音性が保たれた設計の優れた電源ユニットがあってこそ FORCE の素晴らしいサウンドは実現します。
電源はユニバーサル仕様です。世界中を旅しながらそのサウンドを得ることができるでしょう。

弛まない努力

これだけ贅沢なサウンドとルックスでチャンネル単価が10万円以下?
そうです。もちろん、Manley のサウンド、頑丈かつ精巧な外装など、どこにも妥協はありません。製造も Manley のアメリカ工場で、手作業によって行なわれています。Manley チームはこの価格を実現するために更なる製造効率の最適化に努めました - すべては皆様に FORCE を手にしていただくためです。

各チャンネルに搭載された機能

・48Vファンタム電源スイッチ
・120Hzハイパスフィルタースイッチ
・位相反転スイッチ
・入力アッテネーター(可変パッド)
・ゲインスイッチ(ローとハイの切替)
・サイレント入力レベルコントロール(可変入力パッド)
・7ポイントLEDピークメーター
・1/4” DI入力(ラインまたは楽器入力)
*このDI入力は Manley SLAM!® と近似し、Manley CORE® と全く同じ仕様です。オールディスクリートのソリッドステート回路、10MΩの入力インピーダンスで、ギター、ベース、キーボードなどに最適です。

ムービー

機能と仕様

機能

・完全独立4チャンネル仕様
・ギターからラインレベルの信号に対応したDI入力
・Manley IRON® トランスフォーマーカップルのXLRマイク入力
・操作音を排除したサイレントレベルコントロール
・最適な入力設定を補助するゲインステージ設定
・高電圧仕様
・ユニバーサル電源:90~250VAC、50/60Hz自動切替

技術仕様

・真空管:12AX7WA双三極管 x4
・入力インピーダンス:
  1.25kΩ @トランスカップルバランスXLRマイク入力
  10MΩ @1/4”アンバランスDI入力
・最大入力:
  -5dBu / 435mV RMS @ マイク入力 - ローゲイン、0.5%THD
  -25dBu / 44mV RMS @ マイク入力 - ハイゲイン、0.5%THD
  +24dBu / 12V RMS @ DI入力 - ローゲイン、0.5%THD
  +17dBu / 5.5V RMS @ DI入力 - ハイゲイン、0.5%THD
・最大出力
  +35dBu / 43V RMS @1kHzサイン波形、100kΩ、0.1%THD+N
  +22dBm @1kHzサイン波形、600kΩ、0.1%THD+N
・出力インピーダンス:50Ω(ハイカレントWhite Followerバランス出力)
・出力ヘッドルーム:31dB @定格レベル = +4dBu
・周波数特性:- 0.1dB/+0.3dB @20Hz ~ 20kHz
・THD +N(高周波歪み率)@1kHzサイン波形、+4dBu、バンド幅 = 22Hz ~ 22kHz:
  0.004%以下 @ローゲイン
  0.04%以下 @ハイゲイン
・ノイズ @マイクプリ、A-Weighted:
  -85dB @ローゲイン
  -66dB @ハイゲイン
・ダイナミックレンジ:
  118dB @ローゲイン
  100dB @ハイゲイン
・SN比 @定格レベル = +4dBu:
  87dB @ローゲイン
  68dB @ハイゲイン
・EIN:-129dB @ローゲイン、150Ωソースインピーダンス、バンド幅 = 22Hz ~ 22kHz、A-Weighted
・ゲイン:
  40dB(ロー)/ 50dB(ハイ)/ 60dB(内部ジャンパー)@マイクロフォン入力
  20dB(ロー)/ 30dB(ハイ)/ 40dB(内部ジャンパー)@ライン入力
・レベルメーター(出力レベル)
  -22dBu @最低ポジション(緑)
  +24dBu @最高ポジション(赤)
・オートミュート(ウォームアップ時間):30秒
・電源消費:36W
・動作電圧:90 ~ 254VAC(ユニバーサル仕様)@50/60Hz

仕様は予告なく変更となる場合があります

FORCE - 使い方のヒントとコツ!

入力レベルコントロールは、可変の入力パッドとして扱えます。FORCE を扱う際、まずゲイン設定をローにして、入力レベルを最大にします。信号レベルが高過ぎる場合、入力レベルを下げます。足りない時はハイゲイン設定にします。
ハイゲイン設定でも足りない場合は、内部ジャンパーでさらにゲイン幅を上げます。ただし、それと引き換えにS/N比の状況が悪くなる可能性があります。
入力信号レベルは大切です。まずはソースとなる信号を可能な限り上げてから、入力コントロールで調整を行ってください。これが基本となります。

価格

FORCE

実勢価格 270,000円(税別)
JAN:4530027253456

※2016年8月8日(月)価格改定
旧市場実勢価格:310,000円(税別)
以下の販売店ページからご購入いただけます
ページトップへ